ガンガン撃って遊ぶGBB M4A1の決定版!

DSCF0296

 

前回記事にしたナンチャッテGBB M1014が巷で意外に好評でニンマリ( ´ ▽ ` )
これを機に海外メーカーがGBBM1014を製品化する流れになってくれたらなーと思う日々。
前回の記事の後も少しずつ地味にアップデートを重ねているのでそれも記事にしていこうと思います。

でも、まずはコチラの製品から。 

DSCF0294

そう、 今回ご紹介するトイガンは『東京マルイ M4A1 MWS』です!!!(※中古品です)
今更なトイガンな上に以前ホビーショー記事の時に「他社製のGBB M4持ってるからイラネ」と書いていましたが色々思うところがあり結局購入することに。その理由もこれから記述していきます。

DSCF0298

早速レビューしていきます。
とは言え、見慣れた銃なので概観に関して特に書くことはないです。

DSCF0304

でも一応レビュー記事なので
ストックが伸びます!なんて書いてみたり (´ー`)y─┛~~

DSCF0299

刻印は綺麗です。
プリントで済ませてるどこぞのGBBm4とはワケが違います。

DSCF0300
 
DSCF0306

アンビセーフティに交換したいトコロですね。

DSCF0310

流石マルイというポイントがコレ↑
エジェクションポートカバーとフレームの当たる箇所にスポンジが貼り付けてあり、傷が付かない配慮がなされています。当たり前ですがこのスポンジは取り除けます。

DSCF0315

バレルにも刻印がありマルイの本気度が伺えます。

DSCF0314

DSCF0313

20mmレイルはエッジも立っていてマーキング共々とても綺麗です。 

DSCF0320

DSCF0322

標準で金属製のフリップアップサイトが付いてきます。
正直あまり綺麗な出来ではないですが機能には問題なし。

DSCF0331

DSCF0330

当然ガスブロなのでボルトが動きます。
他のブログさんのレビュー記事でも既に指摘されている通り、WAのようなボルト閉鎖時の金属音は鳴らないです。ヌチョッっという感じの音です。実際にガスを入れて射撃する際は発砲音などで掻き消されるため気にならないレベルではありますが、手動でガチャガチャさせる時は少し萎えるかも。

DSCF0323

DSCF0327

DSCF0325

マガジンは普通の出来ですが、重量がKSCのM4マガジンとは違い軽くて良いです。
価格もKSCやWA製M4マガジンより大分安く、入手も楽なのでこれもMWSを選ぶポイントになりますね。

DSCF0333

というわけでとりあえず2本追加購入。
価格3000円ちょっとでGBBm4マガジンが買えるなんて良い時代になったものです。

DSCF0347
 
ボルトフォワードアシストノブにネジが無いのが非常に良いです。 
WE製M4はネジが中心にあり安っぽいのがマイナスポイントでした。 

DSCF0335

DSCF0337

フレームの右端に見えている金属製のプレートが噂のZシステムです。
内部はリアルとはほど遠い作りですが撃つことを優先するなら仕方が無いかと。
内部のリアルさにはあまりこだわりが無い私にとってはMWSは全然許容範囲内。

DSCF0344

さてこの辺でスペック紹介。

【全長】777mm~854mm(ストック最大)
【重量】およそ3000g(マガジン込み)
【装弾数】35発+1発(6mmBB弾使用)
【初速】0.7J(0.20g)
【集弾性能】5mで直径5cmくらい
【その他】Zシステム、セラコート

 【総評】
・作動性はバツグン(3★)
・他社製M4と比べて冷えに強い(2★)
・フレームやハンドガード等妙なグラつきガタつき一切無し(2★)
・ 肝心のリコイルは・・・イイ!(4★)
・ボルトの開閉音がよろしくない(-2★)

今回のトイガンのオススメ度は・・・
★★★★★★★★★✩ 星9個 !


他社製のM4(WAやKSC、WE)と比較してMWSの良いポイント挙げていきます。
・マガジンが安い
・リコイルはWA>>>KSC>MWS>WE
・東京マルイという安心感。パーツにしても動作にしてもやはり他社には無い安心感がある。
・「作動性、リコイルを重要視するならMWS買おう!」と素直に薦められる。



各社の印象を簡単に挙げていきます。
購入の参考にしてみて下さい。

【本体価格の高さ】
WA  ★★★★★
KSC   ★★★☆☆
WE  ★★☆☆☆
MWS  ★★★☆☆

【マガジンの価格の高さ】
WA  ★★★★★
KSC   ★★★★☆
WE  ★★★☆☆
MWS  ★★☆☆☆

【冷えに対する強さ】
WA  ★☆☆☆☆
KSC   ★★★★☆
WE  ★★☆☆☆
MWS  ★★★★★

【燃費の良さ】
WA  ★☆☆☆☆
KSC   ★★★☆☆
WE  ★★☆☆☆
MWS  ★★★★☆

【リコイルの強さ】
WA  ★★★★★
KSC   ★★★☆☆
WE  ★★☆☆☆
MWS  ★★★☆☆

【カスタムパーツの種類の多さ】
WA  ★★★★★
KSC   ★☆☆☆☆
WE  ★☆☆☆☆
MWS  ★★☆☆☆

【ボルトの金属音の良さ】
WA  ★★★★★
KSC   ☆☆☆☆☆
WE  ☆☆☆☆☆
MWS  ☆☆☆☆☆

【外装のリアル度合い】 
WA  ★★★★☆
KSC   ★☆☆☆☆
WE  ★★☆☆☆
MWS  ★★★☆☆

ロットによって差はありますが大体こんな感じです。
MWSは今後パーツの種類も増えていくであろう成長株なので見守る価値はあります。
冷えに対する強さだけでもMWSは買う価値は大いにありますね。
WE製はM16やHK416、scarなど魅力的な機種を多数出していますが、WE-Tech製M4A1に関して言えば完全にMWSの下位互換なのでこれからM4A1の購入を検討されている方でWE製と迷っている方には素直にMWS(或いはCQB-R Block1)を買うことを薦めます。

さて、記事最後はリコイルアップパーツを紹介します。

DSCF0334

DSCF0340

真鍮製のボルトウェイトです。純正のおよそ5倍くらいの重さ(確かそれくらいだった気がします。)

DSCF0341

マルイ純正の軽いウェイトと交換することでガツンガツンとしたリコイルショックが味わえます。

DSCF0342

交換完了!

DSCF0338

ウェイトだけでも十分なリコイルになりますがバッファーを交換すればWA並のリコイルが期待出来そうです。

DSCF0343

以上で東京マルイM4A1MWSのレビュー記事を終わります。

あまり同じメーカーの同じトイガンを2丁以上欲しくなることはないのですがこのMWSだけは購入して触って10分くらいで「あ、もう一丁買おう」と思っちゃうくらい満足度高いです。分解組み立てして遊ぶタイプの人は満足出来ないかもしれませんが、撃って撃って撃ちまくって遊ぶ派の人はMWS本当に良いですよ。

403

今回紹介したこのMWSは既に外装カスタム済みなので二つ目は↑のような王道スタイルにドレスアップしてみたいと思います。
 
・・・やるじゃんマルイ (・∀・)!! 




今回ご紹介したトイガンはコチラ↓