皆さん P226のアンダーレイル、使ってますか?

DSCF9339

 


突然ですが皆さんはP226レイルとP226E2、どちらの方がお好きでしょうか?

東京マルイから発売されている新設計のP226E2と旧型のP226レイル、私は両方所持していますがグリップの感触とリコイルの強さから今でもP226レイルの方を愛用しています。

そんなP226レイル、20mmアンダーレイルが搭載されているにも関わらず全く使用していないので今回思い切ってレイル無しフレーム加工を施して行きたいと思います。 
というか元々レイル無しのシグの方が好きでしたし(´ー`)y─┛~~
 
DSCF9333
 
ということで早速始めます。
用意する物は東京マルイ製P226レイルと・・・

DSCF9340
『セメダイン エポキシパテ プラ用』
完全硬化が24時間後なのでセッカチな性格の方には向きませんがそれなりに加工しやすいので便利です。

DSCF9334

このレイルに・・・

DSCF9343

モリモリとパテを埋め込んでいきます。

DSCF9342

余ったパテを使いついでに『KSC製STI2011 EAGLE5.5 HYBRID』のコンペンセイターのヒビ割れも修復。

DSCF9341
 
そして整形完了。

DSCF9344
 
P226のレイルもパテが完全に固まる前に大まかに切り出して整えます。

DSCF9347
 
後は24時間待ってからヤスリでゴリゴリ、ペーパーでジョリジョリして滑らかに整形していくだけ。

そして丁寧に塗装して・・・

DSCF9354

完成!

DSCF9359
 
レイルの部分が完全に埋め潰されています。

DSCF9356
 
フレームの処理ついでにグリップ前面部分をお得意のステッピング加工。

DSCF9357

トリガーガードの前面もグロック同様に加工。

DSCF9362

こうしてレイル無しのP226が誕生!

DSCF9366

内容としてはパテ盛って削って塗装しただけの非常にシンプルなカスタム(?)ですが視覚的効果は抜群です。
エッジが立っていないためややボッタリした感じになってしまいましたが雰囲気は良い感じ。
また、塗装に使用したスプレーが艶消し黒のおかげでスライドとフレームがいい具合にツートンカラーになっていて実銃っぽさが漂っています(´・∀・`)イイネ! 

以上、パテ(大体900円)、スプレー缶(大体500円)合計1400円という格安カスタムのご紹介でした。 

レイル要らない派の方はこの機会に是非チャレンジ!