LAPD SWAT制式採用拳銃!

DSCF5570
 


またまた買いましたウェスタンアームズガバメント!
ゲッタウェイと合わせてSCW3ガバはこれで2丁目です(´▽` 

この他にも色々欲しいモデルはあるのですがどれも相変わらず高いですね(´∀`;
ゲッタウェイでSCW3のブローバックの味をしめてしまった私は最近ウェスタンアームズに鞍替えしつつあります。


さて、そんなこんなで手に入れたWAガバのご紹介に入ります。
今回ご紹介するトイガンは『LAPD SWAT CUSTOM II』です!

DSCF5553

LAPD(ロサンゼルス市警)のSWATに実際に配備されている拳銃です!
2003年に公開された映画『S.W.A.T.』にも登場しています(´∀`

-2003-Hindi-Dubbed-Movie-Watch-Online

9d311

16

10246875_gal

作中ではフラッシュライトを取り付けています。
このライトもカッコイイですよね(´∀`

DSCF5580
 
このモデルは色々バージョンアップが繰り返されてきた銃だそうです。
(なので中古で購入する際は気をつけてください。) 

私が手に入れたこちらの中古キンバーは勿論最新ロット(SCW3)です。

DSCF5554
 
ボディ全体はHW樹脂なので重量感はピカイチ。
なんとハーフメタルガンより重いです(・∀・

DSCF5555
 
セレーションの間隔はやや広い印象。

DSCF5556

ブルーイングするために平面出しをしたのでスライドの刻印は浅くなっています。

DSCF5565

キンバーの刻印もやや大きい(太い)です。

DSCF5561

サイトはキンバータイプの3ドットサイトを採用。
サイティングのしやすさは抜群です。

DSCF5563

DSCF5566

MEUピストルと見た目は然程変わりません。

DSCF5564

唯一異なるのは、サムセイフティがアンビタイプになっていないことくらい。

DSCF5577

スライドにはノッチ欠け防止にメタルプレートが埋め込まれています。(赤枠の部分)

DSCF5568
 
バレルはアルミアウターバレル&アルミチャンバーです。

DSCF5567

ロングスプリングガイド大好物です(´∀`

DSCF5569

ウェイト入りの少しラバーがかったグリップは保持力は抜群です。 

DSCF5578
 
中古購入当初はスライド表面がブツブツやムラばかりで汚かったので、 直ぐに分解研磨しました。
おかげで今はそこそこ綺麗です。

DSCF5582
 
やっぱりアンビサムセイフティと交換したいなぁ・・・。

DSCF5581

マズルは45口径らしく大迫力です(´∀`

DSCF5547
 
ついでなのでスライドを分解した時の画像も載せます。 

DSCF5548

これがSCW3の心臓部分です(´∀`

DSCF5549

そしてこれが驚異の命中精度を叩きだしているSCW3インナーバレルです。

DSCF5572

肝心のマガジンもちゃんと最新式です。

DSCF5573
 
ガス漏れの心配が要らないというのはかなり安心出来ますね。

DSCF5593

DSCF5592

ここら辺でスペック紹介。

【全長】221mm
【重量】1050g(まさかの1kg越えです)
【装弾数】21発+1(6mmBB)
【初速】0.63J(0.25gBB)
【集弾性能】7mの距離で直径およそ4cm

DSCF5600

ダメなポイントはこれ↑
スライドとフレームの隙間が大きいです。
そのせいで少しだけスライドがカタカタ揺れます(´∀`;

調べてみると、中古だからこうなっているわけではないそうです。
新品も含めほとんどのWAガバがこのように隙間が空いているそう・・・。(あくまで噂です。)
何万円も払って隙間ガバガバ(ダジャレ)を掴まされるのってどうなんでしょう・・・。



【総評】 
・SCW3なのでリコイルは抜群(5★)
・オールHW樹脂により重量が1kg越え(4★)
・ 最新式なので命中精度も良い(3★)

・スライドの隙間(-3★)
・刻印が薄い(-1★)


個人的満足度は・・・
★★★★★★★★☆☆  星8個!!!  

やはりSCW3は撃っていて気持ち良いです(´∀`
速射すると弾が散るくらいリコイルがあるのでリコイルコントロールの練習にも持って来いです。

DSCF5585

握った時のピクチャーはガバメント系が一番スリムで好きです(´∀`

DSCF5598
 
手に持てる小さな砲という印象が強いです。
45口径はさすがハンドキャノンの異名を持つだけあります。 

DSCF5591
 
スライド側面を簡単にブルーイングしてみました。
少しテカリが出て綺麗になった気がします。
もっとガッツリブルーイングしてもいいのですが、この個体はガシガシ撃って遊ぶ用にしたいので今はこのままで。

WAの世界に踏み込んでみて感じたのですが、 WAのパーツって安いんですよね意外なことに。 
社外品のカスタムパーツは高いですが、WA純正パーツは物凄く安いです。 
たとえばマルイのガバメント用マグキャッチボタンが純正900円で売られているのに対して、WA純正マグキャッチボタンは300円以下。 
このメリットは、例えば部分部分をお好みのパーツに交換したい時に費用が安く済むってことなんです。 

初期投資は大きいですが、素体を1丁持っていれば後は格安のパーツでお好みのガンに仕上げる事も可能なので夢が広がります(´∀`
実はすでにパーツをいくつか取り寄せているので近々このキンバーも自分好みにカスタムしていく予定です。

DSCF5594
 
魅力的な拳銃は多々ありますが、一番好きな拳銃はやはりガバメントです(´∀`) 



今回ご紹介した商品はこちら↓