ポリマーオートの立役者
その力量はいかに!?

DSCF3588
 


前回は実銃のVP-70について触れました。
(前回の記事はコチラ→【タニオ・コバ】 H&K VP-70M GBB 【レビューその1】)


今回こそはタニオコバのVP-70Mについてご紹介していきたいと思います(´∀`


DSCF3490

早速パッケージ!
この箱を見ただけでももうテンション上がります(´∀`

DSCF3492

中身はこんな感じ。
フルセットのデラックス版なのでストックにストックハーネスプレートも付属してきます。

DSCF3493

調整用六角レンチと共に付いてくるこの謎のピンはマガジンフォロワーを下ろして押さえ込むためのものです。

DSCF3497
こんな感じ。
無くてもBB弾は入れられますがこれがあるとちょっと便利です。

DSCF3506
説明書とパーツリスト表。
パーツは恐らくもう注文出来ないので意味はありません。

DSCF3505

ん?

DSCF3504

小林氏自らがVP-70Mを構えて射撃しているシーンの絵です。
渋いですね(´∀`
 
DSCF3508

DSCF3517

銃本体はプラスチック製ですが、
安っぽいテカリなどなく落ち着いた仕上げになっていて見た目の印象は良いです。 

DSCF3511

大型のスライドに大型のトリガーが特徴的です。
グリップ表面はザラついていて、ステッピング効果が期待出来ます。

DSCF3512

スライドはダークグレー色。
バレルはブラックです。(勿論バレルもプラスチック製。)

DSCF3502

サイトシステムも実銃に忠実。

DSCF3499

VP-70にしか採用されていないとされるサイト『シャドウサイト』は通常のフロントサイトとは異なり、
フロントサイト部分を凹ませて周りを浮き上がらせるという独特な方式です。

DSCF3503

このサイトの利点は対象物を捉えやすいところにあります。
サイト周りがホワイトカラーなので狙った時に対象物をハッキリクッキリ映し出せます。

続いて刻印。

DSCF3513

DSCF3515

DSCF3514

このVP'70刻印がお気に入り(´∀`

DSCF3516

グリップにはHkの文字とVP70Mの刻印があり、高級感漂います。

DSCF3520

うっすらとパーティングラインが見えていますが、
ポリマーオートの銃ならむしろこれくらいがかえってリアルです。

DSCF3524

トリガー下部にあるこのボタン。
一見するとマガジンキャッチボタンのように見えますが違います。

ハンマーを持たないストライカー式DAOモデルなので、
トリガーをロックするだけで安全になる・・・そう、セイフティボタンです。

赤い印が見えている状態はセイフティ解除の証。

DSCF3525

これでロック。 
ボタン下に何やら穴が空いていますがこれは恐らくボタンを取り出すための分解口でしょう。

DSCF3526

マガジンは以前スタームルガーの記事でもご紹介した通り、マガジンキャッチレバー式です。

DSCF3527

マガジンはP226やM9っぽい見た目です。

DSCF3528

タニオコバの刻印がしっかり打たれています。
こういう貴重なトイガンは実銃刻印より自社刻印の方がレアな感じがしますね(´∀`

DSCF3530

ストライカー方式の欠点であるトリガーストロークの長さそして重さについて。

DSCF3531

ここまで引いても発射されません。
だいぶ遊びの幅があります。

DSCF3532

さらに引き込むことでようやくハンマーが落ちます。
実銃はストライカー式ですが、このトイガンはハンマー式です。
フレーム内部にハンマーが内蔵されています。
というよりガスガンは基本ハンマーです(;´Д`


トイガンでかつハンマー式なのでそこまでトリガーは重くはありませんのでご安心を。

DSCF3538

早速実射。
ガスを注入。よし
マガジンに装填。よし
セイフティ解除。よし
スライド コック。よし

トリガーを引き絞って・・・ファイア!

DSCF3540

盛大にガスを噴出しました。 

いや、こうなることは薄々気づいていましたけど・・・。 
実はこのトイガン、作動に欠陥はないのですが唯一指摘されていることがあります。 

タニオコバ純正のピストンカップ 通称『コバカップ』に問題がありました。

このコバカップは今では対策品として強化パーツが出ていますが、
オークションや中古屋に出回るVP-70Mには大体旧式の緑カップが装備されていて、
この緑カップが凄い割れやすいと評判(?)でした。

私の所有するVP-70Mも例外ではなかったようです。

というわけで早速分解。

DSCF3542

まずフレーム先端にあるバーを下げます。

DSCF3543

こんな感じ。

DSCF3544

バーを下げたらスライドを引いて上にずらします。

DSCF3545

そのままスライドを前進させて分離します。

DSCF3546

分解の手軽さは多分一番なのではないでしょうか。 

DSCF3547

ストレートブローバック(シンプルブローバック)システムを採用しているので、
バレルがフレームに固定されています。

DSCF3548

勿論、バレル両端にあるネジを回せばバレルとフレームを分離できます。

DSCF3555

分解ついでにこちらも紹介。
なんと驚いたことに流石メーカー品だけあってあのツイストバレルが標準装備されています! 
普通に買うと3,000円はするシロモノなので本当に驚きです。

DSCF3556

銃口には逆ネジの溝が彫り込まれているのでアダプターなどを介せばサプレッサーを装備出来ます。
ツイストバレルといい、ネジ切りといい、至れり尽くせりですね(´∀`

DSCF3558

スライドは物凄くシンプル。

DSCF3561

このブリーチだけしか入っていません。 

DSCF3563

そのブリーチも取り外しは上部のネジ2本だけで済むので分解整備は超お手軽です。

DSCF3564

ブリーチ上部のバネを丁寧に外して・・・。

DSCF3565

ついに出てきました噂の緑コバカップ!

DSCF3567

案の定割れています。
これではガスを受けてブローバックする前に全部吹き出してしまうのも頷けます・・・。

DSCF3570

左の半透明のカップが新型の強化パーツです。
こちらと交換します。

DSCF3571

セットするとこんな感じ。
ささっと組み直して実射してみたところバンバンと快調に作動してくれました(´∀`
ただ気になったところは、最初の2~3回はガスの放出量が弱いというところ。

ポス…ボスッ…ボッ!…バン!バン!といった具合。
やはり旧式のガスガンということなのでしょうか。

でも波に乗った後は手にビシビシと強いリコイルが来るので撃っていて楽しいですね(´∀`
リコイルの感触としてはマルイP226を少し強くした感じ、といえば伝わるでしょうか?

DSCF3572

続いて、いよいよメイン!ストック編です!

DSCF3573

ストックにはセミオートと3点バーストモードの切り替えバーがあります。

DSCF3575

セミオートポジション。

DSCF3576

三点バーストポジションに切り替えるとストックから二箇所突起物が姿を現します。

DSCF3579

そしてこのストック、ストックだけではなくホルスターにもなります!
ストック後部の蓋を開けるとVP-70Mを収納するスペースが出てきます。

DSCF3580

本体を収納するとこんな感じ。
蓋の裏側にはクッションの役割を果たすスポンジが入っているため、
蓋を閉じた時に銃がぐらつきません。 

が、あまり収納はオススメしません。
ストック内部には銃本体を保護するスポンジなどが無いためプラスチックであるVP-70Mの表面を傷つけてしまう恐れがあるからです。

VP-70M用にガンケースを購入してそちらに収納するのが良いでしょう。

DSCF3581

VP-70Mに早速ストックを装着!

ここで注意!
ストックを装着する際には必ずセミオートポジションに切り替えましょう。
三点バーストポジションでは突起物が出現するためそのまま無理に装着すると壊れます。

DSCF3585

M712のストックとは異なり、二点で支えているのでグラつきガタつきはほぼ皆無です!

DSCF3586

ストックを上からみるとH&K MP5A4ストックを思い出しますね(´∀` 

DSCF3590

素晴らしいです。
ストックを装着するだけで立派なマシンピストルになりました(´∀`

DSCF3593

この角度に見覚えある方はいらっしゃるでしょうか?

2014y08m19d_211212120

サバイバルホラーゲーム『バイオハザード2』の主人公レオンが愛用している銃VP-70(Mではありません)に、物語中盤で手に入るストックを装備したマシンピストル。

そのアイテム画面アイコンの角度です!(向きは違いますが角度は同じです。)

レオンはこういうマイナーな銃器を好む設定らしく、『バイオハザード』シリーズには度々VP-70が登場します。

例えば『バイオハザード4』では「マチルダ」という名称で登場したり、

600px-RE4matilda

最新作『バイオハザード6』では「ウィングシューター」という名称で登場します。

01

 
バイオハザードのシステム上、レオンが使用するVP-70にはレーザーサイトが装備されています。

c20120604_bio6_001_cs1w1_1280x720

なんとVP-70の2丁撃ち!レオンのVP-70愛を感じます(´∀`
 
機会があればレーザーサイトを付けたレオン仕様を作ってみたいです(´∀`

DSCF3594

話が脱線しました。

ストックを装着した全体図はこんな感じです。

DSCF3595
 
ピストルにストックを装着するタイプの物はその多くが窮屈なイメージがありましたが、
このVP-70Mのストックは程よい長さなので構えてもシックリきます。

ただ、ストックを装着するとサイトは非常に覗き込みづらくなります。
弾筋を確認しながら合わせていくスタイルか、レーザーサイトを搭載すれば使い勝手が良くなるでしょう。

DSCF3597

ストックにあるこの突起物がバーストカウントしてくれます。
後退したスライドによって三回引っ込むとシアーが掛かり止まるという物です。

DSCF3598

最後にストックハーネスプレートを紹介して終わります。

DSCF3599

このストックハーネスプレートは名前の通り、
ストックをホルスター代わりにする時にホルスターを固定するための物です。

DSCF3600

裏側はこんな感じ。

DSCF3601

わかりづらいですが、ストックハーネスプレートをストックに装着した状態です。

DSCF3602

ストックを取り出す際はプレート上部にある大きなボタンを押し込むことで外せます。

DSCF3604

銃を収納するとここまでコンパクトになります。

DSCF3605

画像だけでは分かりづらいので説明書をアップ

DSCF3606

装着するとなんだか古い時代を想起させますね(´∀` 

それでは諸々のスペックを紹介。

【全長】210mm/540mm(ストック装着時) 
【重量(マガジン込)】840g/1240g(ストック装着時) 
【装弾数】27発+1(6mmBB)
【初速】平均0.69J(0.25g)
【集弾性能】5mの距離でおおよそ直径5cm
【備考】実銃同様ホールドオープン機能は無し

【総評】 
・ブローバックのキレがいい(4★)
・ツイストバレル標準装備(1★)
・シャドウサイトが結構イイ(1★)
・ストック装着してもガタつかない(1★)
・3点バースト快調(5★) 

・初弾の調子が悪い(-2★) 

今回のトイガンの満足度は・・・

 星10個!

レアなトイガンということもあって評価も少々甘いですが、
発売された年代を考えると素晴らしいの一言に尽きます。

今のガスブローバックガンにも引けを取らない名品です(´∀` 
価格は少々高いですがもし見かけたらすぐに確保することをオススメします。
それと購入する場合、新型のコバカップは絶対に入手しておきましょう。




 

余談ですが、中華KG-9 GBBの件を思うと中華VP-70が発売しそうな気がしてなりません。

Replica_HK_VP700
VP-70を線画に起こしてみました。

Replica_HK_VP71

レーザーサイトを付けるとするならこんな感じでしょうか。
トリガーガードに上手く噛み合わせることが出来れば小型のレーザーくらいなら仕込めそうです(´∀`