ないものは作ってしまえばいい!

 DSC_0002


またまたショットガン!
連続で3記事もショットガンに費やすくらいショットガンが好き(´∀`

さて、中華ベネリM4とマルゼンM1100DFⅡを購入した理由がここで明らかになります。

その理由とは・・・

カート式のGBB M1014が欲しい

これがすべての始まりでした。 
実は既に伏線が所々散りばめてありました。

これとか
2013y12m18d_230826265

これとか
2013y12m18d_231013722


中華ベネリM4とマルゼンM1100を組み合わせてM1014を作ろう計画が密かに進行していたんです(´∀`
そのために安価な中華製ベネリ及び中古のM1100を買ったんです(´∀`
そのおかげで材料費は銃本体込みで21000円で出来ています。

DSC_0001

コンセプトはベネリM3とM4の間の試作機です(´∀`

名付けるなら「ベネリM3.5」でしょうか(*゚▽゚*

DSC_0004
とまぁそれはさておき、まずは使用した材料及びパーツですが
実はこれ中華ベネリM4とマルゼンM1100DFⅡだけじゃないんです。

使用したパーツは

主要本体→マルゼンM1100DFⅡ

シェルチューブ→マルゼンM1100エクステンションカスタム(ジャンクパーツから採取)

アウターバレル→DE社製ベネリM4

シェルチューブスプリング→マルゼンM1100エクステンションカスタム(ジャンクパーツから採取)

可変ストック→G&P製M3 スーパー・フォールディング・ストック(一部使用)

トップレイル→東京マルイ製VSR純正マウントベース(加工)

バレルクランプ→DE社製ベネリM4(加工)

フロントサイト&リアサイト→DE社製ベネリM4


他にもアウターバレルを固定するためにプラスチックを削り出してみたり等など。
中華ベネリはバレルとサイトしか使いませんでした。
本当はベネリM4にM1100を組み込もうとしたのですが寸法が全て違いすぎて断念。
中でもグリップにガスタンクを収納するための加工を一からしなくてはならず、「無理」の一言で終了。

ということでM1100にベネリのパーツをいくつか流用してベネリもどきを作ることにしました。
ベネリのバレルの他にシェルチューブも使いたかったのですがこれも寸法が違いすぎてまたまた断念。
たまたまあったジャンクのM1100エクステンションカスタムを利用することとなりました。

結果、ベネリとレミントンのハーフが誕生(*゚▽゚*

DSC_0013
ボルトは塗装を落とし磨き上げて地肌の銀を露出。タクティカルな感じでGOOD

DSC_0005
マルイのレイルを2ブロック分カットして金属パテで接着。
同様にベネリM4リアサイトも金属パテで接着。

ボディーはパーカー色で塗装。バレルと色違いにすることで良いアクセントに。

DSC_0008
リアサイトにはまだホワイトを入れていないので今後手を加える予定

DSC_0009
シェルチューブを大幅に延長したことで装弾数も飛躍的にアップ(*゚▽゚*

before3発+1発→after6発+1発

DSC_0007
一人称で構えるとこんな感じ。

DSC_0010
ゴーストリングサイトは本当サイティングしやすいです。
これのためだけの価値は十分にあると思います中華ベネリM4

DSC_0012

DSC_0022
唯一欠点を挙げるとすれば「ストックが最後まで押し込めない」ですかね。
グリップ上部の四角い部分と干渉してしまって奥まで行きません。
まぁこれはあまり気にならないので問題は無いです。

DSC_0017
これからどんどんカスタムして行く予定です(´∀`


013



 これが理想↑
この後はサイドシェルキーパーとバレルとシェルチューブの間にあるサイドレイルを追加していく予定。

DSC_0015

さてカスタムに伴いスペックの変更も改めて記載します。

【全長】930mm~1010mm  最大全長は実銃M1014のサイズ1011mmとほぼ同じ
【重量】2600g
【装弾数】6発+1発

実射性能等は特に変化無し。
詳しい性能はここでcheck→【マルゼン】M1100ディフェンダーⅡ【レビュー】

材質はフレームとサイト以外は本来メタルである箇所はしっかりメタルです(´∀` 

持ってみた感触はまさに理想の細く長くでした(*゚▽゚* 
また、バレルとシェルチューブをメタル化し延長したことで
撃ったあとにキーンと心地よい金属音もするようになりました(´∀`
それとシェルを装填する時のスプリングが縮む気持ちの良い音もするようになりましたね(*゚▽゚*

ガンガン撃ってシャコシャコリロードしてまたガンガン撃ちまくることが出来るなんて夢みたいです
これの真似して練習しようかなと考えています↓
 


ここまでいい感じにまとまったのでシェルケースも実物にしました。
DSC_0020
 価格がとってもリーズナブルなのでオススメですよ(´∀`

DSC_0021
中はシェルが25発入るようになっています。

DSC_0019
正確にはM1014ではないものの、私の中では大分満足のいく出来に仕上がりました。
これから少しずつカスタムして記事更新していきたいと思います(´∀` 

カスタム第二弾記事をアップしました↓

【マルゼン】M1100ディフェンダーⅡライオットカスタム2【カスタム】


 
 シェルケースはコチラ↓

色違いもあるのでこれはスラッグ用、これはバックショット用と使い分けるのもいいですね(´∀`