憧れのショットガンを求めて!

Art_of_the_Dynamic_Shotgun_Trailer2



冒頭の画像のような銃身とシェルチューブの長さが同じタクティコーなショットガンが欲しい!!
でもマルイからまたは社外製品が発売されるのは先の事…ならば!

作ってしまえばいいんだ!! 

というわけで 、今回お届けする記事は東京マルイ製M870タクティカルのなんちゃってエクステンションカスタムです!

そもそもエクステンションというのはシェルチューブを延長し装弾数を増やすカスタムで、
英語で『延長する・拡張する』という意味です。まさにそのまんま分かり易い!

カスタムするにあたってまず必要な物は以下のモノです。

・アルミパイプ
・ライラクス製スリムサプレッサー150
・G&P製 G&P製M870バレルスリングマウント
・金属パイプカッター
・金属パテ(剛性重視のカスタムのためプラではなく金属用で今回は実践してみます)

DSC_0002


ライラクス製のスリムサプレッサー150はマルイショットシェルの外径とピッタリ同じなんですね。
DSC_0009
そしてもう一つ用意した金属パイプは外径25mmで、M870シェルチューブの外径とピッタリ同じです。

構想としては、スリムサプレッサーを中継に使い、金属パイプとシェルチューブを合体させるというなんとも簡単なカスタムです。

DSC_0005
まず金属パイプを適当な長さに切ります。

DSC_0008
こんな感じ(´∀`


それを
DSC_0010
こうして…

DSC_0011
こうするだけで!ほらご覧のとおり!

DSC_0012

DSC_0013

DSC_0015
あとはこの溝とパイプを金属パテで上手く埋めながら接合すれば完成です
今はG&P製のリングでおさえています。これを外すとスポーンと吹っ飛んでいきます(笑)
それにしても、リングでおさえるついでにスリングも付けられるなんてなんと合理的なんでしょう(*゚▽゚*

だが、ちょっと待てよ・・・
DSC_0016
ん?

DSC_0017
・・・ん?

ピッタリじゃないじゃーん!!!!ヤダー!!!

DSC_0018
大丈夫、わざと短くしてあるから

DSC_0020
ね?(ドヤァァァァ

DSC_0021
穴の大きさが気になる場合はパテで埋めて調整すればヨシ


次は金属パイプと外径26mmのワッシャを繋ぎ合わせ固定し、
パイプ全体を黒染めすれば延長チューブは完成です。

金属パテを使うついでにゴーストリングサイトも作ってみようかななどと妄想を繰り広げております(*゚▽゚*


今回使用したもの↓
G&P マルゼン M870ショットガン用 バレル・スリング・マウント GP-532
G&P マルゼン M870ショットガン用 バレル・スリング・マウント GP-532

LAYLAX スリムサプレッサー - 150 - 14mm正・逆ネジ対応 <ライラクス><MODE-2><モード2><フラットグレード><サイレンサー>
LAYLAX スリムサプレッサー - 150  

金属パイプは近所のホームセンターで手に入れてください(´∀` 
安くて780円くらいで売っていますよ! 

バレルを切り詰めるのはちょっと…でも長さは揃えたいし…という方は是非これを参考に作ってみて下さいね! 

↓後編の記事もチェック!↓ 

【後編】 M870 TACTICAL エクステンションカスタム 【カスタム】